遺品整理ならお任せください【大阪版】
遺品の整理をする時は?

本人がいないのでどれが大切でどれが不要なものかを判断するのが難しいことがあります。預金通帳や印鑑といったものは誰でも大事なものだとわかりますが、本人が大切にしていたものや思い出の品などは、残しておいたほうがいいのか処分してしまってもいいのか迷う事も多いですよね。

遺品整理について

遺品整理というのは、故人が残した持ち物を整理や処分することを言います。同居をしている家族ならば自分たちでするという人もいますが、量が多かったり遠方に住んでいたりするとなかなか時間をかけて整理するのが難しいということもあります。また、思い出の品や高価なものも含まれているので、手をつけるのをためらってしまうということも考えられます。

遺産として引き継ぐようなもの以外に関しては、量が多ければいつまでも保管しておくことはできません。ある程度は処分をすることも考えなければいけないのです。まだ使えるものや高価なものは形見分けをして、それ以外の生活雑貨や家具などは遺品整理業者に引き取ってもらう方法もあります。まずは家族で残すものを整理してから依頼するのがいいでしょう。

遺品整理のポイント

遺品整理をするときには、すべて業者にお任せというようなことがないようにしましょう。やはり、故人にとっては大切なものであったり、残しておいて欲しいと考えていたものもあるからです。直接本人に聞くことができなくても、形見分けをして自分たちの手元に残しておくものを決めることが大切です。

また、手紙や手帳などは、しばらくは保管しておくことをオススメします。なぜならば、故人と交友のあった人と連絡を取る必要が生じることも考えられるからです。そのときに、まったく連絡先がわからないということのないように注意しましょう。そして、遺品整理業者のなかには、使えるものや価値のあるものは買取をして引き取ってくれるところもあるので、そういったサービスを利用するのもいいでしょう。

遺品整理依頼の流れ

遺品整理業者に依頼するには、まずは電話やメールで連絡を取ることになります。そのときには、引き取ってもらいたい遺品の内容や量などを伝えておくことになります。そして、見積もりを取ってもらうことになるので、その日程も決めることになります。遠方に住んでいる場合などはそのまま回収ということもありますが、可能ならば見積もりが出てから正式に依頼することをオススメします。

そして、担当者に来てもらって、実際の状況を確認してもらいます。そこで見てもらうのは、電話で伝えた遺品の内容や量の確認と所要時間、当日の必要人員や搬出資材等です。それから正確な見積もりを出してもらって正式に依頼することになります。回収用のトラックなどの駐車場所などもチェックしておきましょう。

Copyright © 2009 遺品整理ならお任せください【大阪版】 . All rights reserved