トップページ > 遺品整理をするときには
遺品整理をするときには

遺品整理をするときには、故人がどのような暮らしをしていたのかを考えながら行うようにしましょう。残されたものというのは、どんなに小さなものでも生前の故人が普段の暮らしの中で使っていたものだからです。ですから、あれもこれも片っ端から処分してしまうのではなく、たとえ不用品であっても大切に扱ってから整理をしていくようにしなければいけません。

たとえば書籍などが残されているならば、自分が興味のあるものは手元において、残りを図書館などに寄贈するということもできます。家財道具でも、まだ使えるものは福祉施設などに寄付するのもいいでしょう。そして、使い道のないものだけを処分することになりますが、タンスや箱のなかに貴重品がまぎれていることもあるので注意も必要になるのです。

関連エントリー
Copyright © 2009 遺品整理ならお任せください【大阪版】 . All rights reserved